FANDOM


Dark souls bonfire

篝火で休息をとっているプレイヤー

篝火 (かがりび、Bonfire) とは、『ダークソウル』における、特有の休憩所であり、極めて重要なゲームプレイ要素である。

篝火はダークソウルの世界の至るところにある。プレイヤーがレベルアップのためにソウルを消費する場所である。ロードラインの至るところにあるチェックポイントとしても機能する。篝火は常に敵をよせつけない安全な場所でもある。ただし一部例外もある。


他のプレイヤーが世界中を渡り歩いているところをちらりと見ることができる。篝火のそばにいるときのみ、プレイヤーは他のプレイヤーの本当の姿を確認できる。

プレイヤーが篝火で休息すると、HPとスペルの使用回数の回復、スペルの設定ができるほか、篝火間の転送、死亡後の復活の拠点として使うことができる。

休息すると、一定範囲の敵がリスポンする。

実績/トロフィー 編集

Enkindle Trophy 篝火を灯す
篝火に火を灯す
ポイント 15
トロフィー Bronze Trophy

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。